コンセプト | TAKATA建築 – 古民家空間を新築で造るという発想

コンセプト

TAKATA建築のコンセプト住宅

TAKATA建築のコンセプト住宅-楽家楽座

新古民家(古きものに新しきものこれ永遠なり)

古き良き時代空間を、新築によって実現させ、現代に蘇らせる。
そんな逆転の発想から生まれた「樂家樂座(らくうちらくざ)」。
一言で古き良き、とは言っても人によって
時代、場所、空間への懐かしさは、様々なはず。
そんな皆の思いを一邸一邸、
究極の居心地の良さを追求し、カタチとしていきます。
もちろん、ただ懐古主義的な家では決してなく、
現代の基本性能や耐震性を兼ね備えた、温故知新な家づくり。
昨今、現代に忘れさられていく、
日本人としての誇り「大切な何か」を
きっと思い出させてくれる、
そんな家となることでしょう。
家づくりとは、流行があってはならない。
家づくりとは、伝統を受け継ぎ進化させながら
「さらなる幸せづくり」を
造りあげていくものでありたい。

TAKATA建築のコンセプト住宅-楽家楽座
TAKATA建築のコンセプト住宅-個民家基

古民家を、個民家に。

伝統的な日本建築をベースにしながら、
それはもう別次元のスタイル。
流行は、追わない。空気は、読まない。常識は捨てる。
受け継いできた技と魂を家に込める。
ただひたすら、住む人の生き方を家に映す。
古民家空間を、西洋アンティークや
ミッドセンチュリー家具で 演出してもいい。
通り土間に、ハーレーやサーフボードを並べたっていい。
ダンディな紳士とシックなご婦人が、
囲炉裏の傍らでシャンパンを傾けるなんて、最高だと思う。
BGM は、ジャズでもロックでも歌謡曲でも似合うはずだ。
他人がどう言おうと、かまわない。
自分らしいなら、心地いいなら、幸せなら、
それでいいじゃないか。

TAKATA建築のコンセプト住宅-個民家基
TAKATA建築のコンセプト住宅-ウルトラアートの家

ライフ・イズ・アート

様々なジャンルの作家やアーティストたちが集結し、
それぞれの技や感性、そして情熱を一邸だけの為に注ぎ込む家。
ただ、家づくりは決してうたかたの祭りごとで
終わってはいけない。
まだほんのプロローグに過ぎないのだから。
多くの作り手の顔が見える家、
そこから「人×人」の縁と円が波及していくことこそが、
ウルトラアートの家の神髄である。
そして、本当の家づくり、
本当の作品づくりとは、ここから始まる。
ご家族の幸せな人生が、夢が、希望が、未来が、
「ライフ・イズ・アート(人生そのものがアート)」として、
この家から生まれていくであろう。

TAKATA建築のコンセプト住宅-ウルトラアートの家
TAKATA建築のコンセプト住宅-和・MIXスタイル

「和・MIXスタイル」という、
新ジャンルの幕開け

流行りなき日本建築をベースとし、
日本人の潜在意識にある和の温もりを感じさせながらも、
一人一人のご要望にお応えし、
様々な国やジャンルを日本建築にMIXさせていく、
これまでの住宅の「常識や型」に捉われずはまることなく、
究極の居心地の良さ、例えば北欧やモダン・アメリカンや
アジアン・南国リゾートetc・・・ありとあらゆる
「あなたたちだけの好き」をミックスしながら
「NOジャンルな自遊空間」を造り上げていく。
「古くもなく新しくもない」そんなある意味、
DIYやリノベーションを施したかのような
手づくり感溢れる新築、和・MIXスタイル。
家づくりに「流行や常識」は、あってはならないのである。

TAKATA建築のコンセプト住宅-和・MIXスタイル